優れた技術SKILL

「構造」「部材」「施工」にこだわった
「地震に強い」住宅工法です

テクノストラクチャーは、パナソニック株式会社が開発した耐震住宅工法です。

テクノストラクチャーは、木造住宅の要となる梁と接合部を、オリジナル部材で徹底的に強化した新工法です。独自の構造計算システムで、住宅の設計時には一棟一棟災害シミュレーションを行います。その高い耐震性能は、住宅性能表示制度で耐震等級3を取得できる性能を持ち、実大震動実験でも立証されています。

アバンセは住宅性能表示制度の「構造に関する性能」が最高等級相当の住宅です。

住宅性能表示制度とは

住宅性能表示とは安心で良質な住宅の普及を目的に、住まいの性能を国が定めた共通の基準で評価する任意の制度です。この制度により、工法や材料の異なる住宅でも簡単に性能を比較することができます。

  1. 住宅性能表示で構造安定性能の等級3の基準に適合するかどうか、パナソニック株式会社の構造計算によって確認した結果です。
    敷地条件やプランにより、等級が変わる場合があります。公式な性能評価には別途申請費用が必要となります。
    (地震保険で耐震等級割引優遇を受ける場合には性能評価が必要です。)※1
  2. 耐積雪等級は積雪100cm以上の多雪区域にのみ適用されます。
おすすめポイント

木は縦には強く、横向きの力には弱い性質があります。
住宅の重みを支える梁に必要なこの弱点を解決すべく、木材と鉄骨の複合梁『テクノビーム』を使用し、梁の強度と信頼を高めています。

実証!実大振動実験で立証

実大振動実験で震度7をクリア!
テクノストラクチャーの構造仕様は、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを5回に渡って加える実験もクリア。激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

3つの要素

住まいづくりに最も重要なこの3つの要素にこだわっています。

構造計算・部材品質・施工品質

構造計算
もしもの災害をシミュレーション

住宅は建った後で耐震診断をしても手遅れです。テクノストラクチャーでは、一棟一棟ごとの構造計算(災害シミュレーション)を設計段階で行い、8段階311項目(多雪区域は436項目)におよぶ厳しい強度チェックを、すべてクリアした住宅だけが建設されるシステムを採用しています。

部材品質
「強い家」を支える強固な構造部材

テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細やかな仕様を規定し、構造計算通りの強度を確保します。そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

施工品質
「強い家」は確かな施工から

テクノストラクチャーは施工品質を特に重要視しています。どんなに強い家も、確かな施工があって初めて実現するものだからです。